東洋学園大学

グローバル・コミュニケーション学部教員紹介

名前

飯尾 牧子 教授Makiko IIO

経歴

明治学院大学を卒業後、ホープカレッジに留学し、ミシガン州立大学言語学科修士課程修了。

専門分野

社会言語学(discourse marker)

学位

M.A

近年の主な研究業績

区分書名/論文名単/共著発行年月発行所/発表誌等
著書TARGET! pre-intermediate共著平成28年1月金星堂
 TARGET! elementary共著平成29年1月(株)金星堂
 TARGET! intermediate共著平成29年1月(株)金星堂
論文「短大生の話し言葉にみる談話標識「なんか」の一考察」単著平成18年3月『東洋女子短期大学紀要』第38号
 「伝聞表現「~そう」に関する一考察」単著平成22年3月『東洋学園大学紀要』第18号
 異文化コミュニケーションにおけるオノマトペ-食の観点から見たその効果と役割-単著平成29年3月東洋学園大学紀要第25号

Comment

皆さんが日常生活の中で何気なく使っている、ちょっとした言葉に興味があります。例えば“なんか”や“超”。「なんかさあ」「それってなんか」「超はやい」「超きもい」など、一日のうちで驚くほどたくさん口にされているのです。こういった言葉には流行があり、猛烈に流行ったかと思うとあっという間に使われなくなります。この様な言葉がどんな年代や性別に、どういった文脈の中で使われるのか、そしてなぜ使われているのかを研究しています。

Personal Data

【経歴】アメリカのミシガン州にある大学に4年間いました。何マイル先までも見渡せるとうもろこし畑に囲まれた、広大なキャンパスの中で過ごした経験はとても貴重でした。夏の芝刈りの音と匂いを嗅ぐとその当時を思い出します。
【趣味】絵でも物でも、何か手先を使って作り出す事が好き。美術館めぐり。
【性格】茨城生まれでないのに「茨城なまり」があるといわれる。
【影響を受けた本】『星の王子さま』やはり内藤濯の訳が好きです。

東洋学園大学トップページへ