東洋学園大学

グローバル・コミュニケーション学部教員紹介

名前

前原 正美 教授Masami MAEHARA

経歴

経済学博士。文教大学講師、横浜国立大学講師、中央大学客員研究員を歴任。

専門分野

経済学(経済理論)、企業経営戦略論、経営リーダーシップ論(戦国武将の領国経営論や世界の歴史上の人物研究を含む)、メディア論(テレビ番組の企画制作)、作詞・作曲家

学位

博士(経済学)

近年の主な研究業績

区分書名/論文名単/共著発行年月発行所/発表誌等
著書『J.Sミルの政治経済学と経営戦略論』単著平成20年2月前原出版
 『観光経済学と経営戦略』単著平成20年2月前原出版
 『人間愛の政治経済学と現代-幸福に辿り着く人生の一般法則-』共著平成21年5月前原出版
 J.S.ミルの黄金の言葉共著平成23年3月前原出版
 「大―大万大吉」の御旗に見る石田三成の<愛の思想>単著平成24年12月宝島社
論文「J.S.ミル「経済学原理」における人生哲学と企業教育論」共著平成17年12月『東洋女子短期大学紀要』第38号
 「資本主義的企業の社会的使命と企業改革」単著平成18年3月『東洋学園大学紀要』第14号
 変革期における企業マネジメントとリーダーシップ論-プラザ合意以後の国際経済の変動と観光ビジネス-単著平成19年3月『東洋学園大学紀要』第15号
 メディア産業と観光産業-大河ドラマと観光ビジネス-単著平成20年3月『東洋学園大学紀要』第16号
 メディアによる観光誘致の現状と課題-石田三成の旗印『大一大万大吉』の意義とマスメディア単著平成22年12月日本観光研究会『第25回日本観光研究学会全国大会学術論集』
 アダム・スミスにおける「人間の幸福」論と資本蓄積論単著平成25年3月「中央大学経済研究所年報」第44号 2013年
 石田三成の御旗「大一大万大吉」に見る政治思想―聖徳太子の政治思想との関連で―単著平成26年3月『東洋学園大学紀要』第22号
 石田三成にみる豊臣大名の形成と豊臣協働体構想―《血と知のネットワーク》形成と平和国家構想―単著平成27年3月『東洋学園大学紀要』第23号
 石田三成と西郷隆盛の政治思想-石田三成の旗印「大一大万大吉」に見る《「愛」の政治思想》と西郷隆盛の《「敬天愛人」の政治思想》との継承関係-単著平成29年3月東洋学園大学紀要第25号

Comment

私・前原正美が成した大きな仕事は、石田三成の旗印「大一大万大吉」の意味について私自身が独自に解明した内容を私自身が独自に表現した「天のもと、一人が万民のために万民が一人のために生命を注げば、すべての人間の人生は吉となり、泰平の世が訪れる。その天下を支えるのは人間自身であり、人間の心が変われば世もまた変わる。ゆえにこそ人間は、愛の心を培わねばならぬ」(『愛・時を超えて―私説・石田三成―』、前原出版、初出1998年)として明らかにしたことです。また私の研究目的は、経済・政治・経営・歴史上に活躍し成功した人物の人生を分析し、人生の成功哲学と成功法則を明らかにすることにあります。長年、イギリスの伝統的経済学説史の研究に従事し、また経営戦略論について学んで経営アドバイザーの仕事に従事し、さらに世界や日本の歴史を学んで歴史上の人物を研究してきました。そこから、人の人生には幸福にたどり着く法則がある、すなわちいかなる場合にも前向きに考えれば、プラスの人生が創り出されるということを学んだのです。

Personal Data

【趣味】史跡めぐり。
【特技】作詞・作曲、テレビ番組の企画。
【性格】「上善水の如し」を心がけている。
【TOGAKUのお気に入り】私の研究室。遊びに来てください。
【学生時代の夢】中学生の頃に『末は博士か大臣か』という映画を観て、将来は博士になろうと目標を定めました。その20年後、私は経済学博士となりました。人生の目標は必ず叶います。
【学生時代にやっておくべき】読書をたくさんして一冊ごとに感想文を書くこと、旅行をたくさんして露天風呂にたくさん入ること。

東洋学園大学トップページへ