東洋学園大学

グローバル・コミュニケーション学部教員紹介

名前

宮井 勢都子 教授Setsuko MIYAI

経歴

津田塾大学英文学科卒業。ノースカロライナ大学大学院歴史学研究科修士課程修了。筑波大学大学院修士課程地域研究科修了。同大学大学院博士課程歴史・人類学研究科単位取得退学。東洋女子短期大学を経て現職。

専門分野

アメリカ社会史

学位

国際学修士、文学修士、MA(U.S.History)

近年の主な研究業績

区分書名/論文名単/共著発行年月発行所/発表誌等
著書原典アメリカ史社会史料集共著平成18年8月岩波書店
 朝倉世界地理講座 アメリカ・カナダ共著平成18年10月朝倉書店
 個人と国家のあいだ<家族・団体・運動>共著平成19年9月ミネルヴァ書房
 新時代アメリカを知るための60章共著平成25年6月明石書店
 ジョン・ブラウンの屍を超えて--南北戦争とその時代共著平成28年3月金星堂
論文奴隷制廃止運動における『身体』へのまなざし単著平成21年3月『東洋学園大学紀要』第17号
 ジョン・ブラウンの妻メアリーとハーパーズ・フェリー襲撃事件 ―アボリショニストの支援ネットワークとの関わりから単著平成25年3月『東洋学園大学紀要』第21号

Comment

「自由」の国アメリカに内在する「不自由」と、それに立ち向かってきた人々の歴史を研究しています。一番楽しいのは、過去の史料を読んでいるとき。たとえば、150年以上も昔、奴隷制とたたかった人々が書き残した手紙や日記は、人間的な力強さも弱さも覗かせ、時空を超えた「声」となって、私の心をとらえます。その「声」を歴史に位置づけ、意味づけ、そして言葉にする(これが一番苦しい、でもできたら何より嬉しい)、そんな学びを続けています。

Personal Data

【趣味】新しい風景に出会うこと、一人の時間も友と言葉を交わす時間も好き。
【影響を受けた本】H・リー著『アラバマ物語』(人種差別厳しき時代のアメリカ南部が舞台。勇気をもらった一冊です。)H・メルヴィル著『バートルビー』(19世紀アメリカの「変化」の不条理。今もこの「変化」の意味を追求しています。)
【メッセージ】「一足飛び」は無いと実感しています。一歩を重ねて粘り強く自分を育てていきましょう。

東洋学園大学トップページへ