東洋学園大学

グローバル・コミュニケーション学部教員紹介

名前

西村 由起子 教授Yukiko NISHIMURA

経歴

日本女子大学英文学科卒業。国際基督教大学大学院(英語教育法専攻)修了。イェール大学専任講師等を経て現職。カリフォルニア大学客員研究員。 イギリス、シェフィールドハーラム大学で、博士号(コミュニケーション)

専門分野

社会言語学、語用論、談話分析、外国語教育

学位

PhD

近年の主な研究業績

区分書名/論文名単/共著発行年月発行所/発表誌等
著書Multilingual Internet:Language Culture and Communication Online共著平成19年5月Oxford University Press.
 ことばのコミュニケーション:対人関係のレトリック 共著平成19年10月ナカニシヤ出版  
 Japanese keitai novels and Ideologies of Literacy単著平成23年11月Oxford Studies in Sociolinguistics. Oxford University Press.
 Style, Creativity and Play.共著平成27年11月 In Georgakopoulou, A. & Spilioti, T. (eds), The Routledge Handbook of Language and Digital Communication. New York: Routledge.
論文Voices of California Public School Teachers on English Leraners in Secondary Schools単著平成18年3月『東洋学園大学紀要』第14号
 大学英語教育における現状と課題-アンケート調査から-単著平成18年3月『東洋女子短期大学紀要』第38号  
 日本語BBSコミュニケーションにおけるインポライトネス:掲示板投稿者の言語行動単著平成18年8月社会言語科学会 第18回大会発表論文集  
 Friendly and Unfriendly Discourse in Japanese BBS Communication: A Preliminary Study単著平成19年3月『東洋学園大学紀要』第15号 
 Aspects of Japanese Computer-Mediated Communication: Linguistic and Socio-Cultural Perspectives.  (博士論文)単著平成20年7月Sheffield Hallam University, Sheffield, UK. Ph.D Dissertation
 Japanese BBS Websites as Online Communities: (Im)politeness Perspectives.単著平成20年12月Language@internet. Vol. 5. In Jannis Androutsopoulos & Michael Beiswenger (eds.) Data and methods in computer-mediated discourse analysis: new approaches. Special Issue of Language@Internet
 Impoliteness in Japanese BBS interactions: Observations from message exchanges in two online communities.単著平成22年1月Journal of Politeness Research. Miriam Locher (ed.) Special issue on politeness in computer-mediated communication.
 Corpus-based Comparison among CMC, Speech and Writing in Japanese.単著平成22年4月Proceeding of the Corpus Linguistics Conference CL2009
 ケータイ諸説とリテラシー:言語イデオロギーの視点から単著平成24年3月『東洋学園大学紀要』第20号
 Puns in Japanese computer-mediated communication:Observations from misconversion phenomena単著平成24年10月2012 AAAI Fall Symposium on Artificial Intelligence of Humor
 誤変換現象にみられる「おかしさ」を巡って:ユーモア理論からの探求単著平成26年3月『日本女子大学英米文学研究』49号 加藤雅子教授記念論文集 日本女子大学英語英文学会発行
  A sociolinguistic analysis of emoticon usage in Japanese blogs: Variation by age, gender, and topic.  単著平成27年10月Seoected Papers from the 16th Annual Meeting of the Association of Internet Researchers, Phoenix, AZ,
 “Age,gender and identities in Japanese blogs:Analysis of role language as stylization.”単著平成29年1月Social Media Discourse,(Dis)identifications and Diversities

Comment

インターネットという新たなコミュニケーション空間で、人々はどのように他者と関わるのでしょう。今まで経験したことのない世界の出現で、日本語も影響を受けているし、日本語だから可能な遊びの世界も現れました。更なる可能性のあるインターネットから学び、活用し、楽しんで、皆さんの可能性も広げてもらいたいと思っています。こちらの論文では、日本の若い世代の「掲示板への書き込み」を扱っています。覗いてみてください。 http://onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1111/j.1083-6101.2003.tb00356.x/full

Personal Data

【趣味】外国映画鑑賞、海外旅行、お菓子作り。老後はケーキ屋になっても、と思うことも。アップルパイは特に好評です。
【影響を受けた映画】『Sound of Music』。レコードの歌詞カードを眺め、覚えてしまうほど聞き入っていました。歌声がどんな英文なのかがわかり、英語に目覚めた映画です。
【メッセージ】「意思あるところに道あり」。何かをやりたい、自分を良くしたいという気持ちを忘れたり諦めたりすることなく、ずっと持ち続けて欲しいと思います。

東洋学園大学トップページへ