東洋学園大学

グローバル・コミュニケーション学部教員紹介

名前

依田 悠介 専任講師Yusuke YODA

経歴

大阪大学大学院言語社会研究科言語社会専攻修了/神戸市外国語大学客員研究員/前University of Pennsylvania客員研究員

専門分野

理論言語学、認知科学

学位

博士(言語文化学)

近年の主な研究業績

区分 書名/論文名 単/共著 発行年月 発行所/発表誌等
論文音韻部門操作と等位構造制約単著平成23年6月KLS 31.関西言語学会
 Nomintive Genitive Conversion単著平成23年9月日本語日本文化研究第21号.大阪大学大学院
 A Cartographic Approach to Nominative Genitive Conversion in Japanese共著平成24年3月Proceedings of GLOW in Asia Workshop for Young Scholars. Mie University
 Nominative Case without AGREE単著平成24年3月Proceedings of GLOW in Asia Workshop for Young Scholars. Mie University
 Deriving Coordinator in Japanese単著平成24年12月日本語日本文化研究22号.大阪大学大学院
 ICT環境を活用した外国語教育の現状と課題ー英語科目と日本語科目における活用事例を中心にー共著(井上加寿子,伊藤創.関西国際大学と共著)平成25年3月教育研究総合研究叢書.関西国際大学
 The Structure of &P and Contextuall Allomorphy単著平成25年3月Proceedings of Formal Approaches to Japanese Linguistics 6.
 等位構造の形態統語論的研究単著平成25年6月学位請求論文.大阪大学大学院
 Importance of Being a Linguist単著平成26年3月コミュニケーション研究叢書.関西国際大学
 Stay Together (to Morpheme), otherwise I'll Miss You単著平成26年8月Proceedings of Seoul International Conference of Generative Grammar 16
 Do Langauge Textbooks Reflect the Difference of Construal of the World?共著(伊藤創,関西国際大学と共著)平成27年3月コミュニケーション研究叢書.関西国際大学
 Graduality and Type Four Verbs共著(睦宗均,近畿大学と共著)平成27年3月JELS 32.日本英語学会
 Phrasal or Phasal Coordination -from the Evidence of Suspended Affixation-単著平成27年7月Proceedings of the 9th Workshop on Altaic Formal Linguistics (WAFL9)
 Adversity Causative:Is it Real?単著平成27年8月Case and Agreement in Miinimalism:Proceedings of Seoul International Conference on Generative Grammar
 Merge,Symmetry and Coordination/Subordination Distinction単著平成27年8月Proceedings of Florida Linguistics Yearly Meeting 2
 Copy,Locality and Mimetics in Distributed Morphology単著平成27年8月Beyond Core Syntax:A Minimalist Approach
 Interactions between High and Low Applicative in English and Kyrgyz単著平成28年6月KLS36 Proceedings of Kansai Linguistic Society 2016
 短期留学生を対象とした日本語の授業の現状と課題共著平成29年3月千葉大学国際教育センター『国際教育』第10号

東洋学園大学トップページへ