東洋学園大学

グローバル・コミュニケーション学部教員紹介

名前

朱 建栄 教授ZHU Jianrong

経歴

中国・華東師範大学卒業、1986年来日、学習院大学で博士号取得。東洋女子短期大学助教授等を経て現職。

専門分野

アジア国際関係、中国現代史

学位

博士(政治学)

近年の主な研究業績

区分書名/論文名単/共著発行年月発行所/発表誌等
著書大解説 中国経済共著平成17年9月日本経済新聞社
 持続可能な成長方式へ転換急ぐ中国共著平成18年4月社団法人日本経済研究センター
 チャイナシンドローム日中関係の全面的検証共著平成18年8月駿河台出版社
 中国年鑑2006年共編著平成18年8月創土社
 中国の経済構造改革共著平成18年10月日本経済新聞社
 中国年鑑2007年共著平成19年8月創土社
 地球企業トヨタ 中国で何を目指すか共著平成19年9月角川出版
 中国歴史与伝統文化講演録共著平成25年9月商務印書館
 環日本海国際政治経済論共著平成25年10月ミネルヴァ書房
 跨越彊界:留学生与新華僑共著平成27年1月社会科学文献出版社
 2020年に挑む中国:超大国の行方共著平成28年7月文真堂
論文胡錦濤発言を読む単著平成18年4月産経新聞
 解説・満州帝国単著平成18年4月歴史群像シリーズ84満州帝国
 アジアの共通価値観の創造にともに努力しよう単著平成18年5月世界週報
 「愛する国」より「愛される国」に単著平成18年7月「論座」誌
 中国が衆目する自民党総裁選単著平成18年7月信濃毎日新聞
 北朝鮮ミサイル非難 安保理決議 中国が賛成した理由単著平成18年7月毎日新聞
 中国の対日戦略 互恵関係構築を単著平成18年11月「エコノミスト」誌
 中国の北朝鮮政策大転換単著平成19年1月中央公論
 安部政権下の日中関係の展望単著平成19年1月中国研究月報
 世界論壇月評共著平成18年3月
~平成19年2月
「世界」誌
 調和社会へ利益調整の仕組みを単著平成19年4月日本経済研究センター
 東洋文明・共通価値観・共同認知について単著平成19年4月「東亜共同体与共同文化認知」王柯編
 中国の衛星破壊実験の意味するもの(上・中・下)単著平成19年7月時事ネット
 中国衛星破壊実験の狙いは何か単著平成19年9月「世界」誌平成19年9月号
 中国の食品安全問題単著平成19年10月朝日新聞朝刊文化欄
 人事・政策両面から読む胡錦濤政権・次の5年単著平成19年10月時事ネット
 日本はなぜ欧米で影が薄くなったか単著平成19年11月せれね新聞平成19年11月号
 正当性を得た胡氏の改革単著平成19年11月信濃毎日新聞
 第17回党大会:認識された社会分野改革の重要性単著平成19年12月「日中経協ジャーナル」誌
 屈辱の100年からの五輪:「近代の屈辱」から脱却できるか単著平成19年12月「エコノミスト」誌
 中国政治:今後5年は社会資本整備に重点単著平成20年1月「週刊ダイヤモンド」誌
 世界論壇月評単著平成19年3月
~平成20年2月
「世界」誌
 第18回党大会の人事と政治に関する初歩的分析単著平成25年1月日中経協ジャーナル
 江沢民を道連れに去った胡錦濤 習近平体制で中国はこう変わる単著平成25年1月ニューリーダー誌
 産業構造大転換を賭ける『第12次5か年計画』単著平成25年6月ニューリーダー誌
 強まる『関係改善』シグナル 経済互恵関係をいかに構築するか単著平成26年11月ニューリーダー誌
 習近平体制の中国と日本単著平成26年12月公益社団法人日本経済研究センター
 動き始めた『G2体制』中国が望む新型大国関係の前提単著平成27年2月ニューリーダー誌
 日本外交決策:戦略型抑或反応型?単著平成27年2月同舟共進
 法治に小さいが堅実な一歩-中国の政治社会改革を全人代から読み解く単著平成27年5月日中経協ジャーナル
 習近平の強権の裏に隠れる法治国家への道筋単著平成27年6月国際商業
 対日”二分法”過時了嗎―歴史沿革、内涵変遷及其与時倶進之探討単著平成27年7月日本学刊
 習近平経済の実体単著平成27年12月国際商業
 米中関係の新展開と日韓中関係単著平成28年5月コリアン・スタデーズ(2016年第4号)
 金正恩政権崩壊に向けてのシナリオ単著平成28年6月国際商業
 南海―歴史、国際法尊重を単著平成28年9月人民中国
 私の見たこの30年の日本の現代中国研究単著平成28年9月現代中国 研究年報90号

Comment

東アジアは、世界で最も注目されている地域のひとつ。世界の台風の目と言えると思います。中国の台頭、共同体に向けた動き、そして冷戦時代の最後の遺物である朝鮮半島の分断と対立。いずれも現在進行形です。その背景を理解し、その進行状況を追跡し、さらにその行方を展望すること、面白いじゃないですか。日本の将来のため、世界平和のため、ぜひ学生諸君にも地域研究に参加して欲しいものです。

Personal Data

【経歴】中国の上海に生まれ、1986年に来日。本学の開設以来、ずっとここで教鞭をとっています。
【趣味】世界や日本各地を旅行するのが大好き。ほぼすべての都道府県を回りました。スポーツでは卓球、スキーが好きです。
【性格】まじめで、時にせっかちな所があります。しかし目標に向けてこつこつと努力し、簡単にはあきらめません。
【メッセージ】夢をもつこと、簡単にあきらめないこと。若い時は失敗はないから、大胆にいろんなことに挑戦すること。

東洋学園大学トップページへ