ホーム
学部・大学院
TOGAKUの英語教育・教養教育
教養教育

教養教育

自ら学び、教養を深めることは無限の可能性につながる人間教育。

将来を見つめることで、今、何をするべきかが見えてくる。
新しい扉を開き、未来をより豊かにしていくためには、深い教養と探求心が必要です。
東洋学園大学の教養教育では、変化する時代に生きるための多彩な教養や物の考え方を修得。
自発的に学ぶ姿勢を養うことで、社会で活躍するための基礎となる、人間力を身につけます。

受ける側から導く側へ
やる気に満ちた授業を学生同士一緒に創っていく

鈴木 正人さん(写真右)
現代経営学科 3年
神奈川県立茅ケ崎西浜高等学校出身

室井 凌矩さん(写真左)
英語コミュニケーション学科 3年
東京都立六本木高等学校出身

1年次の「キャリアのススメ」で行われるグループワークでは、ディスカッションやプレゼンテーションを通じ、伝える力や質問する力を身につけていきます。上級生である僕たち学生ファシリテーターの役目は、学生たちそれぞれの良いところを発見し伸ばして、やる気を引き出していくこと。対話を通して、後輩の成長に刺激を受けながら、授業を作る大変さを知り、自分の成長につながりました。

東洋学園大学の教養教育 2つの特長

「学び合い」で主体性を育む新たな学習形態

仲間と学び合うグループワークなど、学生同士が互いに刺激し合い積極的にディスカッションするアクティブ・ラーニング形式の授業を採用。活気ある学びの場で、一人ひとりが主体的に取り組み、「自ら学ぶ力」を養います。

自分を見つめ、自ら学ぶ力を育む。

将来、何をしたいのか? 自分を知り、共に考えることを通して、自発的に学ぶ積極性が生まれます。

キャリアのススメ

教員はもちろん、上級生の学生ファシリテーター、卒業して社会人となった先輩。共に考え、語り合うことを通し主体的に学び、情報発信力、コミュニケーション力など、これからの大学での学びや社会人として必要とされる能力を培うことが目的です。

学内インターンシップ(スタートアップ・インターンシップ)

まずは毎日通っている大学でインターンシップ体験。職員の立場から大学を経験することで大学の新たな魅力を発見!!

自校教育

東洋学園は、2016年11月に創立90年を迎えました。建学の精神や大学の歩みを知り、ここで学ぶことの意味を学長や職員と一緒に考えます。

クラスの仲間や先生、先輩、卒業生など、たくさんの人と一緒に学び合う中で、「やりたいこと」や「自分の強み」を発見。それが自信となって、“学ぶこと”が楽しくなります!

多角的な視点が得られる幅広い教養科目

芸術・文化から世界理解や現代の問題など、5領域にわたる幅広い教養科目を用意。もっと知りたいという探究心の湧く多彩な授業で幅広い知識を身につけ、4年間を通して教養を深め、自由な発想力、創造力を育みます。さらに、専門分野を学びつつ教養科目を同時に履修できるカリキュラムで相乗的に学びを深めていきます。

多彩な教養科目で人間力を養う。

多彩な領域の分野が揃う教養科目を通じて幅広い知識が得られ、社会人としての人間力が培われます。

自分の興味や関心から、4年間を通じて幅広く学べる教養教育。

東洋学園大学では、「もっと学びたい!」という前向きな学生の思いに応えるために、各学部・学科の専門を越えた幅広い領域をカバーする教養教育科目を用意。1・2年次だけでなく、3・4年次でも履修可能なので、自分の専門分野を学ぶ中で別の分野に興味を持ったり、もっと色々なことを学びたい!と思ったタイミングで、教養教育科目を履修することができます。専門分野の深い知識と幅広い教養をバランスよく身につけること、そしてそのベースとなる「学びたい」という能動的な姿勢を持つことは、社会で必要とされる人材になるために不可欠な要素です。

  • 哲学
  • 心理学
  • 宗教学
  • 保健学
  • スポーツ

  • 文学
  • 音楽学
  • 舞台芸術
  • 映像文化
  • 世界の美術
  • 博物館学

  • 社会学
  • 法学
  • 情報学
  • 社会思想
  • 政治と経済
  • 近現代日本史

  • 文化人類学
  • 地理学
  • 世界の文化と地域社会
  • 国際関係学
  • 海外文化演習
  • 国際体験演習

  • 国際社会の抱える諸問題
  • 日本社会の抱える諸問題
  • 生活と環境
  • 科学技術と人間
  • 先端科学の世界
  • 現代社会とジェンダー

英語を専門的に学び、「相手に伝わる英語を話すには?」と考える中で心理学にも興味が出てきました。関係ないと思っていた分野でも、学んでみると面白いし視野が広がります!

本郷キャンパス

〒113-0033 東京都文京区本郷1-26-3
TEL:03-3811-1696 (代)

流山キャンパス

〒270-0161 千葉県流山市鰭ケ崎1660
TEL:04-7150-3001 (代)