ホーム
大学案内
建学の精神

建学の精神

建学の精神「自彊不息じきょうやまず

「一日の安をぬすめば一日、一年の労をせば一年、一生の楽を求めば一生、その道を得るあたわず。天行はすこやかなり。君子以て自らつとめてまざるべし」
日々努力を怠るなかれということは、修練を怠らなければ、誰でも必ず何かしらの成果を収めることができるという励ましです。

自彊不息(じきょうやまず)

▲ 創立者・宇田尚による書/東洋学園史料室
※この書では「彊」に「強」をあてています。

本学の建学の精神として継承されてきた「自彊不息(じきょうやまず)」は、創立者・宇田尚が生涯を通して学生に伝え続けた、学びや人生の基本姿勢を表しています。中国に伝わる易経の文言で、その意味は「自ら弛まず努力を続ける」ということ。大正時代、良妻賢母を良しとしていた社会通念を否定し、女性の歯科医師養成に励んだ宇田は、学生が信頼される専門家になり、自立し、自律した人間になることを求め、そのための指針として掲げたのが「自彊不息じきょうやまず」でした。時が過ぎ、社会の在り方や学校の形態は変わっても、建学の精神は不変です。「日々の努力を怠らず学びに励むことで成長し、社会を変えていく人間になってほしい」という願いを込めて、「自彊不息じきょうやまず」を受け継いでいます。

本郷キャンパス

〒113-0033 東京都文京区本郷1-26-3
TEL:03-3811-1696 (代)

流山キャンパス

〒270-0161 千葉県流山市鰭ケ崎1660
TEL:04-7150-3001 (代)