ホーム
国際交流
短期留学プログラム

短期留学プログラム

短期留学プログラムの目的

夏休みや春休みを利用して、短期留学をしてみませんか。自分の可能性を広げる絶好のチャンスです。
本学では、長期休暇を利用して海外の大学や教育機関で学び、語学力のレベルアップと豊かな国際感覚の養成を目指す短期留学プログラムを実施しています。英語および中国語の集中講座、ホームステイや寮生活を通じた生活体験、ボランティア活動、インターンシップ等、所属学部、学科、学年を問わず誰でも参加することができ、事前・事後研修と合わせ、研修修了者は単位を修得することができます。
募集プログラムは留学フェアにて説明を行いますので、お気軽にご参加ください。詳細については、国際交流センターでお知らせします。

短期留学プログラム参加スケジュール

スケジュールは変更される場合があります。詳細は国際交流センターで確認してください。

夏期短期留学プログラム
4月下旬 留学フェア開催
参加者募集開始
5月下旬 申込〆切
6月上旬 催行プログラム決定
6月~7月 事前研修
8月~9月上旬
(各プログラムによる)
現地研修
9月上旬 事後研修・課題提出
春期短期留学プログラム
9月下旬 留学フェア開催
プログラム参加者募集開始
10月下旬 申込〆切
11月上旬 催行プログラム決定
11月~翌年1月 事前研修
翌年2月~3月上旬
(各プログラムによる)
現地研修
翌年3月上旬 事後研修・課題提出

短期プログラムについて

本学には「海外文化演習」「国際体験演習」2種類の短期留学プログラムがあります。「海外文化演習」「国際体験演習」は、学部、学科、学年を問わず参加が可能です。
「海外文化演習」と「国際体験演習」は、それぞれ本学の基本教育科目として扱われます。評価は、事前研修・現地研修・事後研修を合わせて決定し、成績は翌期に反映されます。

海外文化演習

語学学習を中心とするプログラムです。現地大学の語学プログラムに参加し、語学力向上を目指します。他国の留学生と一緒に授業を受ける場合が多く、多文化交流のチャンスにもなるでしょう。留学期間は概ね2週間~4週間です。
なお、現代経営学部の3・4年生は、専門教育科目の読み替えが可能です(詳しくはシラバスを参照してください)。

中国プログラム
研修先:上海/華東師範大学
期間:1週間

オーストラリアプログラム
研修先:ゴールドコースト/ボンド大学
期間:2週間

国際体験演習

ボランティア活動やインターンシップなど実践活動を中心としたプログラムです。現地の人々と交流できるチャンスが多いことがこのプログラムの特徴といえます。語学力よりも、何事も挑戦しようという積極的な姿勢が求められます。留学期間は1週間~1ヶ月間です。

カンボジアプログラム
研修先:シェムリアップ/現地日系旅行会社(インターンシップ)
期間:1週間

ベトナムプログラム
研修先:フエ/子どもの家(ボランティア活動)
期間:1週間

アメリカプログラム
研修先:ヒューストン/ヒューストン市役所(インターンシップ)
期間:4週間

よくある質問:短期留学

Q1. 語学力はどの程度必要ですか
各留学先の語学プログラムは、現地で実施されるレベル分けテストにより、語学力に応じたクラスで授業を受けるので、語学力に自信がない学生も無理なく学ぶことができます。ただし、事前に現地の言語について理解を深めておく方が、よりいっそう充実した留学になります。
また、体験や交流を中心とした「国際体験演習」のプログラムに参加するのもよいでしょう。
いずれにせよ、研修に積極的に取り組む姿勢等、参加者のやる気次第です。

Q2. 1年生でも参加できますか
本学の学生は、所属学部、学科、学年に関わらず参加することができます。2年次や3年次での長期留学を考え、1年次で短期留学を経験しておくのもよい選択です。

Q3. 単位は修得できますか
事前研修、研修先での成績、事後課題等を総合したうえで成績が付与され、2単位を修得することができます。詳細はシラバス等を参照してください。

Q4. 募集の時期はいつ頃ですか
4月、9月頃に留学フェアを実施しますので、同時に短期プログラムの募集を開始します。留学フェアでは、留学についての説明を聞くことができます。お気軽に参加してください。

Q5. ホームステイとはどんなものですか
ホームステイ先は、学生に安価で安全な部屋と食事を提供することのみが義務となっています。お客様や家族というより、「下宿」ととらえた方がわかりやすいかもしれません。したがって、参加する側も自分の要求のみを主張するのではなく、その家庭のルールを守ることが大切です。しかし、ホストによっては「あなたの家族と思って」と言ってくれたり、帰国後もホスト先との交流を続けている人もたくさんいます。
また、日本人は自分の意思表示が苦手ですが、きちんと自分の意志や考えを相手に伝え、相手の立場や言うことを理解する双方向のコミュニケーションが大切です。単語や身振り手振りでも構いません。自分の殻に閉じこもらず、積極的に話し掛けてみましょう。

Q6. ホームステイ先はどのように決まりますか
渡航前に記入した情報を元に、研修先が各学生のホストファミリーを選びます。学生自身について、アレルギーの有無、ホストを選ぶ上での希望(家族構成、ペットの可否、どんなホストを希望するか)などを記入することができます。

本郷キャンパス

〒113-0033 東京都文京区本郷1-26-3
TEL:03-3811-1696 (代)

流山キャンパス

〒270-0161 千葉県流山市鰭ケ崎1660
TEL:04-7150-3001 (代)