ホーム
東洋学園 創立90周年記念 特別公開授業

東洋学園 創立90周年記念 特別公開授業

Facebookでシェア Twitterでシェア

創立90周年を記念し、1964年のオリンピック東京大会の開会日を記念した10月10日「体育の日」にあわせ、本学のトーチイベントを通じて出会った1964年の東京五輪関係者と、本学の学生、高校生が集い、当時の日本の盛り上がりとその後の日本の成長を伝える、特別公開授業「聖火トーチがつなぐココロのバトン~みんなでつくる、2020年東京五輪~」を開講します。
是非ご参加ください!(当日は祝日オープン授業も開催されています。)


7月~9月に開催されたトーチイベントの様子

特別公開授業

『聖火トーチがつなぐココロのバトン~みんなでつくる、2020年東京五輪~』
1964年東京五輪出場選手である佐藤氏と聖火ランナーの鈴木氏に、当時の日本の熱狂の様子や自身の経験、そして2020年東京五輪に向けて今の若者に望むこと、などをお話いただきます。

【開催日時】 2016年10月10日(月・祝) 9:30~10:30
【開催場所】 東洋学園大学本郷キャンパス1号館1F

【特別講師プロフィール】

1964年東京五輪のボート競技出場
佐藤直司氏

慶應義塾大学4年生(体育会端艇部所属)のときに、ボート競技の「エイト」で1964年の東京五輪に出場。主に大学生で構成された「エイト」クルーの中では「整調」を担当した。

当日は、1964年大会で佐藤氏が着用した日本選手団の開会式ユニフォームを展示予定。

1964年東京五輪聖火ランナー
鈴木満氏

1964年東京五輪の聖火ランナー。走ったのは開会式の前日(10月9日)、昭島地区の1.5km。現在は品川区にある中華料理店「凰龍」の店主。当時のランニングシャツや証明書などを同店内に展示している。
報道で本学のトーチイベントを知り、ご来場頂いたのが縁。

当日の展示品

会場では当時の貴重な品を展示します。ぜひ近くでご覧ください。


聖火リレーに使われた五輪トーチ / 東洋学園史料室所蔵


ユニフォーム上下 / 佐藤直司様所蔵
帽子、タイ / 伊藤次男様所蔵


財団法人オリンピック東京大会組織委員会記念碑 愛知揆一 / 東洋学園史料室所蔵


五輪旗(オリンピック・シンボル) / 東洋学園史料室所蔵

他にも、聖火ランナーのランニングシャツや聖火ランナーの証明書なども展示予定。

本郷キャンパス

〒113-0033 東京都文京区本郷1-26-3
TEL:03-3811-1696 (代)