公認心理師課程

人間科学部で心理専門職初の国家資格「公認心理師」の取得を目指しませんか?

カウンセラーや、病院などの臨床現場で働く心理職に就くためには、心理専門職の資格が必要です。
人間科学部では、「公認心理師」について資格取得支援を行っています。心理の専門家として多様な問題を抱えた人と向き合う時に、心理学の知識に加えてさまざまな専門的観点から人間について学べる人間科学部での経験が活きるはずです。

公認心理師とは

2018年度から全国で始まった、心理専門職としては初の国家資格です。「国民の心の健康の保持・増進に寄与すること」を目的として設置されました。人間科学部では、公認心理師養成カリキュラムに対応しており、資格取得後は保健・医療、福祉、教育、司法、産業などの幅広い分野で、心理の専門家として活躍することが期待されます。

資格取得について

2018年度以降の入学生の場合は、以下の方法があります。

方法

Q&A

必要な科目として、実習もあるのでしょうか?
はい。大学の学部の場合、実習場所として、「保健医療」「福祉」「教育」「司法・犯罪」「産業・労働」の5つの分野の施設が挙げられています。見学などを通して、心理に関する支援が必要な人へのチームアプローチなどを体験的に学ぶことができます。
心理学部の大学でないと、不利になりませんか?
いいえ。不利になることは全くありません。むしろ利点もあると考えられます(次のQを参照してください)。
心理学部ではなく、人間科学部で資格取得を目指す利点は何ですか?
資格取得後は、心理の専門家として、多様な問題を抱えた人たちと向き合うことになります。その際、心理学だけでなく、地域社会(司法・犯罪を含む)や身体健康など、様々な専門的観点からも人間について学べる人間科学部での経験を大いに活かすことが期待できます。人間科学部だからこそ、国家試験対策のみに終始せず、公認心理師になった後の活躍の場について考える機会が豊富にあるのです。
公認心理師国家試験の合格実績はありますか?
2018年9月に第1回目の公認心理師国家試験がおこなわれました。その結果、臨床心理士として活躍中の本学卒業生から複数名の合格者が出ています。また、臨床心理士資格を持っている本学専任教員も全員合格しました。
スポーツや地域社会をメインに学びたいのですが、利点はありますか?
心理学には多くの種類があり、学べる心理学の種類は大学間で異なりますが、公認心理師カリキュラム対応の大学では、国から指定された心理科目の設置が保証されている分、心理科目が充実しています。スポーツ健康や地域創造コース志望だが心理学も少し学んでみたい人が、豊富な心理科目の中から好きなものだけを選んで履修することも可能です。