東洋学園大学 100周年
1926年からの感謝とともに。

年表

前史
1840年~1926年

スライドできます→

西暦
(和暦)
できごと課程等法人名/理事長校長社会のできごと
1840
(天保11)
10月17日 創立者宇田尚の父宇田廉平、現在の千葉県館山市に生まれる
1867
(慶応3)
宇田廉平、武蔵国六浦藩(現横浜市)に仕官
1868
(慶応4)
9月8日 明治改元(明治維新)
1869
(明治2)
宇田廉平、新政府公議所(後集議院)に出仕
1872
(明治5)
宇田廉平、政策の相違から下野し旧六浦藩領の現栃木県鹿沼市上永野に隠棲、住まいを槃澗書屋と名づける(現東洋学園栃木寮)
1875
(明治8)
医術開業試験(歯科)合格第1号(免許制度による公許歯科医師の初例)
1881
(明治14)
12月20日 東洋学園創立者宇田尚生まれる
1883
(明治16)
3月29日 庄司愛生まれる(後宇田尚夫人)
1888
(明治21)
6月 私立習性小学校、本郷区元町2丁目63番地(現東洋学園大学本郷キャンパス1号館)に移転
9月29日 宇田廉平、第一高等中学校(後第一高等学校、現東京大学の一部)倫理学教授に就任 後、陸軍幼年学校教授兼務
1894
(明治27)
高橋孝、医術開業試験合格(公許女性歯科医師の初例)
1903
(明治36)
専門学校令
1904
(明治37)
宇田尚、日露戦争従軍日露戦争~1905
1906
(明治39)
医師法・歯科医師法(旧法)
公立私立歯科医学校指定規則(文部省令)
1907
(明治40)
宇田尚、宮内省雇員として北白川宮成久王に出仕
1908
(明治41)
6月30日 宇田尚、庄司愛と結婚
1909
(明治42)
歯科教育初の女子校、大久保歯科医学講習所設立
(後の東京→日本女子歯科医学専門学校)
1912
(明治45
大正元)
宇田尚、北白川宮家で知遇を得た旧郡上藩主青山幸宜の勧めで実業界へ
1914
(大正3)
第一次世界大戦~1918
1917
(大正6)
9月12日 明華女子歯科医学講習所(本郷区田町29番地)開校香山明
1918
(大正7)
3月7日 明華女子歯科医学校設立認可 修業年限1年1年制香山明大学令
1919
(大正8)
3月 明華女子歯科医学校、本郷区元町2丁目63番地旧習性小学校に移転
4月 修業年限3年に延長
12月 同校第1回卒業
3年制
1921
(大正10)
12月21日 財団法人(現学校法人)設立認可
専門学校令による明華女子歯科医学専門学校設立認可
財団法人明華女子歯科医学専門学校
香山明
香山明
1923
(大正12)
9月1日 関東大震災で明華女歯施設設備全焼関東大震災
1924
(大正13)
3月 再建完了 修業年限4年に延長
7月 歯科医師法第1条第1号に基づく文部大臣指定認可申請
4年制
1926
(大正15
昭和元)
明華女歯の指定難航、同盟休校など学校紛争に発展
4月 修業年限4年6ヶ月に延長
6月24日 学生の指定促進運動による同盟休校~7/13
7月 宇田尚、明華女歯後援会を組織
9月10日 後援会を基に新理事会発足 宇田尚、監事に就任
10月11日 東洋女子歯科医学専門学校に名称変更
11月4日 文部大臣指定認可(女子歯科医育校で初)
検定試験を要さず卒業生に歯科医師免許を交付
11月5日 指定後第1回卒業(1922年専門学校昇格後第1回入学生)

本科3年6ヶ月・専攻科1年






岩城隆徳
財団法人東洋女子歯科医学専門学校






飯島茂
昭和改元

スライドできます→

東洋女子歯科医学専門学校の時代
1926年~1950年

スライドできます→

西暦
(和暦)
できごと課程等法人名/理事長校長社会のできごと
1926
(大正15
昭和元)
11月4日 東洋女子歯科医学
専門学校創立
(明華女子歯科医専の校舎を使用)
予科半年、本科3年、専攻科1年11月 財団法人東洋女子歯科医学専門学校
岩城隆徳理事長就任
11月 飯島茂校長就任12月 大正天皇崩御 昭和改元
1928
(昭和3)
8月 新校舎・寮竣工
12月 宇田尚理事長就任12月 青山幸宜校長就任
1929
(昭和4)
校歌制定(宇田尚作詞 和久本文枝作曲)10月~世界恐慌
1930
(昭和5)
10月 宇田尚校長就任
1931
(昭和6)
9月 満州事変
1936
(昭和11)
4月 留学生受け入れピーク 30名(入学110名中)2月 2.26事件
1937
(昭和12)
7月 日中戦争開戦
1939
(昭和14)
9月 第二次世界大戦開戦
1941
(昭和16)
5月 東洋歯科医学会第1回学術大会 挙行
※歯科界でほぼ女性のみの学会は他例がないとされる
11月 大学等の修業年限短縮
(戦時短縮措置)
12月 「大東亜戦争」開戦
1943
(昭和18)
10月 出陣学徒壮行会(神宮外苑)に参加各科廃止・戦時短縮6ヶ月
(実質4年制)
1945
(昭和20)
4月 第2回東京大空襲により施設を焼失
6月 栃木県永野村に学校疎開
9月 湯島聖堂斯文会館で授業
9月 第二次世界大戦終戦
1946
(昭和21)
5月千葉県津田沼町の仮校舎(旧陸軍施設)に移転
6月 宇田愛理事長就任3月 馬渡一得校長就任4月 歯科教育審議会発足
11月 日本国憲法公布
1947
(昭和22)
5月 文部省よりB級通達(旧制大学昇格不可、事実上の廃止決定)
6月 第1回歯科医師国家試験合格率全国2位
9月 新制歯科大学設置を前提に旧制・東洋高等学校
開校(特設旧制高校)
高等学校 3年制3月 教育基本法
学校教育法公布
4月 第1回歯科医師国家試験
5月 日本国憲法施行
1948
(昭和23)
11月 本郷に新校舎竣工
津田沼から復帰移転
旧制東洋高校は津田沼残留
5月 東洋厚生財団に名称変更7月 歯科医師法(新)公布
1949
(昭和24)
5月 東洋女子歯科厚生学校(歯科衛生士養成) 開校
10月 新制・東洋女子短期大学英語科 設置申請
1950
(昭和25)
3月 東洋女子歯科医学専門学校 閉校
3月 東洋高等学校 閉校
5月 新制・東洋女子短期大学 開学
7月 オリエンタル英学院 開校
7月 東洋女子歯科厚生学校 閉校

スライドできます→

東洋女子短期大学の時代
1950年~2006年

スライドできます→

西暦
(和暦)
できごと学科・課程等法人名/学園長・理事長学長社会のできごと
1950
(昭和25)
5月 東洋女子短期大学 開学
英語科 修業年限2年東洋厚生財団
理事長:宇田愛
4月 馬渡一得学長就任
1951
(昭和26)
2月 学校法人東洋学園に改組認可
1956
(昭和31)
4月 愛知揆一学長就任
1957
(昭和32)
4月 馬渡房学長就任3月 関門トンネル開通
1958
(昭和33)
4月 愛知揆一学長就任12月 東京タワー完成
1961
(昭和36)
2月 本郷第1期工事竣工
「フェニックス・モザイク」完成
1962
(昭和37)
10月 キューバ危機
1963
(昭和38)
2月 本郷第2期工事竣工
1964
(昭和39)
2月 本郷第3期工事竣工
10月 第一回学生祭
4月 馬渡房学長就任10月 東海道新幹線開通
10月 東京オリンピック開催
1966
(昭和41)
2月 本郷第4期工事竣工
10月 第三回学生(フェニックス)祭
1967
(昭和42)
9月 流山校舎・体育館竣工
授業開始
1968
(昭和43)
4月 東名高速道路開業
1969
(昭和44)
7月 第一回欧州研修旅行(同窓会主催)1月 学生運動 安田講堂事件
1970
(昭和45)
3月 安藤坂ドミトリー竣工
4月 本郷第5期工事竣工
3月 日本(大阪)万国博覧会開幕
1972
(昭和47)
4月 英語科を英文科に名称変更
4月 研究科設置(修業年限1年)
2月 札幌オリンピック開催
5月 沖縄返還
1973
(昭和48)
4月 専攻科設置(研究科を改め)10月 オイルショック発生
1974
(昭和49)
4月 馬渡房理事長就任
1975
(昭和50)
7月 沖縄海洋博覧会開幕
1976
(昭和51)
10月 第一回流山スポーツ祭
1977
(昭和52)
10月 第一回スピーチコンテスト
1978
(昭和53)
4月 英文科を英語英文科に名称変更
1979
(昭和54)
4月 流山校舎1・2号館竣工
英語英文科学生の一部を流山受入
1982
(昭和57)
4月 欧米文化学科設置(入学定員200名)
1983
(昭和58)
4月 東京ディズニーランド開園
1985
(昭和60)
3月 本郷4号館竣工
1月 欧米文化学科臨時定員増(400名に)3月 筑波万国博覧会開幕
1986
(昭和61)
4月 欧米文化学科定員増(400名に)
1988
(昭和63)
4月 流山校舎3号館竣工
3月 青函トンネル開通
4月 瀬戸大橋開通
1989
(平成元)
1月 昭和天皇崩御 平成に改元
1990
(平成2)
3月 北小金ドミトリー竣工10月 東西ドイツ統一
1991
(平成3)
12月 東洋学園大学設置認可
4月 図書館OPAC(オンライン蔵書目録)開始
4月 木内信敬学長就任3月 バブル経済崩壊
12月 ソ連崩壊
1992
(平成4)
4月 東洋学園大学開学
3月流山5・6号館、体育館竣工
4月 馬渡房学園長就任
4月 宇田正長理事長就任
1993
(平成5)
3月 流山学生ホール竣工
1995
(平成7)
1月 阪神淡路大震災
3月 地下鉄サリン事件
1996
(平成8)
4月 本郷メディアセンター開設
1997
(平成9)
3月 流山7・8号館、学生会館、体育館竣工
4月 流山メディアセンター開設
9月 流山教育系ネットワーク稼働
9月 図書館ネットワーク外部機関と接続
4月 青野賢太郎学長就任
1998
(平成10)
9月 流山9号館竣工
2月 長野オリンピック開幕
1999
(平成11)
4月 東葛地区5大学図書館相互利用開始
2000
(平成12)
8月 流山図書館 流山市民に地域開放開始4月 欧米文化学科定員減(200名に)
人文学部コミュニケーション学科に定員振替
11月 都営大江戸線全線開通
2001
(平成13)
4月 エクステンションセンター発足3月 USJ開業
9月 アメリカ同時多発テロ
2002
(平成14)
3月 本郷5号館竣工5月 日韓サッカーW杯開幕
2003
(平成15)
10月 フェニックス祭・鰭鰭祭共催(流山)4月 英語コミュニケーション学科(100名)
欧米文化学科から名称変更
4月 江澤雄一理事長就任
2004
(平成16)
4月 英語教育開発センター発足
4月 国際交流センター発足
4月 南流山駅よりスクールバス運行開始
2005
(平成17)
4月 原田規梭子学長就任3月 日本国際博覧会(愛知万博)開催
2006
(平成18)
3月 東洋女子短期大学第55回生卒業(閉学)
3月 東洋学園アーカイブス設置

スライドできます→

東洋学園大学の時代
1992年~現在

スライドできます→

西暦
(和暦)
できごと学部・学科・課程等法人名/学園長・理事長学長社会のできごと
1992
(平成4)
3月流山5・6号館、体育館竣工
4月 東洋学園大学開学
10月 大学第一回体育祭
4月 人文学部 英米言語学科
4月 人文学部 英米地域研究学科
修業年限 4年
学校法人東洋学園
4月 馬渡房学園長就任
4月 宇田正長理事長就任
4月 宍戸寿夫学長就任
1993
(平成5)
3月 流山学生ホール竣工
6月 東洋学園公開教養講座開始
9月 大学第一回大学祭
1995
(平成7)
10月 大学第三回大学祭(鰭鰭祭)1月 阪神淡路大震災
3月 地下鉄サリン事件
1996
(平成8)
1月 大学校歌制定
3月 大学第一回卒業式
4月 本郷メディアセンター開設
1997
(平成9)
3月 流山7・8号館、学生会館、体育館竣工
4月 流山メディアセンター開設
9月 流山教育系ネットワーク稼働

9月 図書館ネットワーク外部機関と接続
10月 大学ホームカミングデー
1998
(平成10)
9月 流山9号館竣工
4月 行方昭夫学長就任2月 長野オリンピック開幕
1999
(平成11)
4月 東葛地区5大学図書館相互利用開始
2000
(平成12)
8月 流山図書館 流山市民に地域開放開始4月 人文学部コミュニケーション学科開設
(100名:短大欧米文化学科から定員振替)
11月 都営大江戸線全線開通
2001
(平成13)
4月 エクステンションセンター発足3月 USJ開業
9月 アメリカ同時多発テロ
2002
(平成14)
3月 本郷5号館竣工
10月 第一回学部祭(本郷:現代経営学部)
4月 現代経営学部 現代経営学科開設(175名)
4月 人文学部 人間科学科開設(100名)
4月 宇田正長学長就任5月 日韓サッカーW杯開幕
2003
(平成15)
10月 フェニックス祭・鰭鰭祭共催(流山)
10月 学部祭(本郷)
4月 江澤雄一理事長就任4月 一ノ渡尚道学長就任
2004
(平成16)
4月 英語教育開発センター発足
4月 国際交流センター発足
4月 南流山駅よりスクールバス運行開始
4月 人文学部 国際コミュニケーション学科(270名)
英米言語・英米地域研究・コミュニケーション学科を統合
2005
(平成17)
3月 日本国際博覧会(愛知万博)開催
2006
(平成18)
3月東洋女子短期大学第55回生卒業(閉学)
3月 東洋学園アーカイブス設置
4月 教養教育センター発足
キャンパス共用化(1・2年流山、3・4年本郷)開始
2007
(平成19)
3月 本郷新1号館竣工
2008
(平成20)
4月 大学院 現代経営研究科開設
修業年限2年
9月 リーマンショック
2009
(平成21)
キャンパス共用化完了
2011
(平成23)
大学基準協会による大学評価の結果、適合と認定(1回目)3月 東日本大震災
2012
(平成24)
5月 東京スカイツリー開業
2013
(平成25)
4月 グローバル・コミュニケーション学部
4月 人間科学部
人文学部を上記2学部に再編
2014
(平成26)
4月 国際キャリアプログラム(ICP)開始
キャンパス再編(学部別キャンパス)開始
4月 原田規梭子学長就任
2015
(平成27)
8月 つくばエクスプレス開業
2016
(平成28)
キャンパス統合(全学部本郷)開始4月 熊本地震
2017
(平成29)
4月 江澤雄一学園長就任
4月 愛知太郎理事長就任
2018
(平成30)
大学基準協会による大学評価の結果、適合と認定(2回目)4月 旦祐介学長就任
2019
(令和元)
キャンパス統合完了5月 改元
2020
(令和2)
2月 新型肺炎(COVID19)流行
2021
(令和3)
3月 江澤雄一学園長退任4月 愛知太郎学長就任
2022
(令和4)
4月 辻中豊学長就任2月 ウクライナ侵攻始まる
2023
(令和5)
5月 WHO COVID19 緊急事態解除
2024
(令和6)
2025
(令和7)
2026
(令和8)
東洋学園開学100周年

スライドできます→