東洋学園大学

現代経営学部教員紹介

名前

李 新建 教授Xinjian LI

経歴

中国・中国鉱業大学企業管理学部卒業、同大学院経済貿易研究科修士課程修了。同大学にて専任講師を経て助教授。1997年3月に来日、2003年3月に慶應義塾大学大学院商学研究科博士課程修了。商学博士。慶應義塾大学客員研究員、東洋学園大学非常勤講師を経て現職。

専門分野

国際経営、中国企業の経営戦略

学位

博士(商学)

近年の主な研究業績

区分 書名/論文名 単/共著 発行年月 発行所/発表誌等
著書 日本企業の経営革新:事業再構築のマネジメント 共著 平成20年7月 慶應義塾大学出版会
論文 事業再構築と組織・人事・購買の再編 (Ⅰ)―ブラザー工業株式会社とオムロン株式会社のケースを中心として― 共著 平成17年8月 『三田商学研究』48巻3号
  事業再構築と組織・人事・購買の再編(Ⅱ)―ブラザー工業株式会社とオムロン株式会社のケースを中心として― 共著 平成17年10月 『三田商学研究』48巻4号
  多国籍企業における組織機能再構築のプロセスについて―国際経営戦略の視点から― 単著 平成18年10月 東洋学園大学現代経営学部『現代経営経済研究』第1巻第3号
  Strategy Implications of Business Culture Differences between Japan and China: Contextual and Collectivism Focus 共著 平成19年2月 『Business Strategy Series』、Volume8 (2) Emerald Group Publishing Limited
  日本製造業企業の中国事業展開の新段階―生産拠点から全面的経営拠点へ― 単著 平成19年3月 『東洋学園大学紀要』第15号
  株主構成が自主的情報開示に与える影響 ―中国国有上場企業に関する実証研究 共著 平成19年3月 東洋学園大学現代経営学部『現代経営経済研究』第2巻第1号
  国際戦略提携におけるコントロールと信頼 単著 平成20年3月 『東洋学園大学紀要』第16号
  持続的な組織能力の構築プロセスに関する研究:日本、中国、韓国企業のケースを中心として 共著 平成22年6月 慶應義塾大学商学会『三田商学研究』第53巻第2号

Comment

企業のグローバル化の途中で生じるさまざまな経営上の問題に、研究の関心を持っています。国内の常識が海外で非合理的なものになる場合がある一方、海外では当然の行為が国内では見慣れないものになることもあります。本国で蓄えた経営ノウハウが、そのまま海外で通用するとは限りません。政治、経済、法律、社会、文化等の本国と他国の違いをいかに理解すべきか、それらの差異に経営的にはどう対応すべきか。このような課題への探索に、必要性と面白みを感じます。

Personal Data

【経歴】中国山東省生まれ。中国鉱業大学企業管理学部で専任講師を経て助教授。1997年3月に来日。
【性格】誠実で、ユーモアがある。
【影響を受けた本】孫子著『兵法』。人間社会のあらゆる競争に共通する原理を集約した箴言録。たった6,000字ぐらいの書物ですが、その極意を理解するのには、繰り返して読むこと、そして現実をふまえた上で内容をよく咀嚼することが必要でしょう。

東洋学園大学トップページへ