ホーム
学部・大学院
グローバル・コミュニケーション学部

グローバル・コミュニケーション学部

情報メディアの発達により、グローバル化はますます加速しています。
2020年、東京でオリンピック開催が決定。
国際社会はすぐそこにあります。

グローバル・コミュニケーション学部とは?

世界についての深く幅広い知識を習得すると同時に、グローバルなコミュニケーションに必要となる英語や多言語のスキルを身につけ、実践しながら経験を積むことで、世界に羽ばたく力を身につけます。

知識

コミュニケーションする相手の文化や価値観、社会背景を知ることで、円滑な会話や交渉ができるようになります。そのためには世界の文化や社会に対する「知識」が必要です。

実践

コミュニケーション力は、経験を積むことで磨かれていくもの。実際に海外や国内のあちこちに出かけて、世界各地でグローバルなコミュニケーションを「実践」する経験が必要です。

言語

世界の人々とコミュニケーションし、情報をやり取りするためには、英語をはじめ中国語やスペイン語、フランス語、ハングルなど、世界の様々な「言語」を修得することが大切です。

グローバルな知識と言語で世界に挑む。

国と国との関係や国境を越えた支援活動、文化交流など世界に関する幅広い知識とグローバル・コミュニケーション言語を学ぶ。

英語力を身につけ世界で活躍する。

徹底した英語教育で、ビジネス英語、教職、通訳・翻訳に役立つ実践的な英語力を磨く。

世界各地で、国際交流にチャレンジ!

英語力をつけるための語学留学、グローバルビジネスやボランティアへの挑戦など、大学全体としても多彩な国際交流プログラムが用意されている東洋学園大学。中でもグローバル・コミュニケーション学部では、海外の大学生と交流したり、授業で学んだ内容を国内外のあちこちで調査・研究するチャンスが豊富に用意されています。

-+
グローバルPBL

韓国でマスメディアや観光業を学ぶ、ドイツで再生可能エネルギーなどの環境対策を学ぶ…。「グローバルPBL(Project Based Learning)」は、国内外で学生たち自身が協力しながら能動的に課題(プロジェクト)に取り組む中で、知識やスキルを身につけるという学部独自の集中科目です。
※国、地域は変更の可能性があります。

ドイツ

ドイツ

環境先進国ドイツで、最先端の環境対策を学ぶ。

環境先進国であるドイツで、様々な切り口から最新の環境対策について学びます。例えば、太陽光発電や風力発電などの再生可能エネルギー施設を見学したり、世界的にも有名な環境都市であるフライブルクを訪れて環境教育や市民のエコ意識について取材したり・・・。最新の電気自動車を開発している大手自動車メーカーを見学して産業界の環境対策について考えるなど、学生一人ひとりがテーマを決め、現地での調査・取材を行います。

ラオス

ラオス

シンガポール

シンガポール

アジアの観光都市で、ツーリズムの現場を調査する。

アジア各国をめぐり、ツーリズムや観光政策の現状を実地調査します。ラオスでは、現地の自然や文化を活かした「エコツーリズム」について実際に体験しながら取材を行います。そのほか世界有数の都市であるシンガポールや、アンコール・ワットをはじめとするアンコール遺跡群(世界遺産)で有名なカンボジア、外国人観光客に人気のタイなど、東南アジア諸国でも国によって文化や経済状況、観光政策に大きな違いがあることを肌で感じながら学びます。

韓国

韓国

韓国の文化やメディア、観光ビジネスの最前線を取材。

2020年の東京オリンピック・パラリンピックに向けて、1988年のソウルオリンピック開催地を見学。現地で撮影した写真をもとにスマホを使ったVR(バーチャルリアリティ)コンテンツを制作するなど、観光ビジネスの新たな可能性について研究します。日本でも人気の高い韓流エンタメの発信地である韓国の国営放送局「韓国放送公社」にも訪れ、現地のマスメディアについても学びます。

インドネシア

インドネシア

バリ島で自然環境への取り組みと現地ならではの文化を体感する。

インドネシア・バリ島の国立環境研究所を訪問し、家畜の糞尿を利用した地産地消型バイオガス発電プロジェクトについて調査。さらに、マングローブの植林を見学したり、世界遺産にもなった伝統的な棚田で治水管理者にインタビューしたりと、エネルギー対策や自然保護について取材します。また、ヨガや伝統舞踊の体験を通じ、現地の文化も学びます。

-+
海外留学

春、夏の長期休暇を利用しイギリスやアメリカ、カナダ、オーストラリア、中国などで語学を学ぶ短期留学のほか、半年~年間の長期留学も支援しています。滞在先はホームステイや寮を利用。各国の生活を体験し、語学とともに柔軟な異文化理解力も育みます。

カナダ

カナダ

アメリカ

アメリカ

イギリス

イギリス

オーストラリア

オーストラリア

中国

中国

ニュージーランド

ニュージーランド

-+
海外インターンシップ・海外ボランティア

現地の人たちと一緒に働くことで、コミュニケーション能力やグローバルなビジネススキルを養います。現地の生活を経験し、その地域の習慣やマナーに触れることで文化の違いや考え方の違いについて学び、より理解を深めます。海外での経験が国際人としての広い視野を育てます。

アメリカ

アメリカ

カンボジア

カンボジア

ベトナム

ベトナム

-+
海外大学との交流

毎年夏にサム・ヒューストン州立大学(SHSU)の学生たちが約1カ月間来学するなど、海外の学生をTOGAKUのキャンパスに招いて交流するサマースクールを開催。また、海外大学との合同ゼミなど、授業やゼミを通じた交流も活発に行われており、学内にいながら世界を感じられる機会も豊富です。

グローバル・コミュニケーション学部 パンフレット(2018年度版) 詳しい学部案内をWeb上でご覧いただけます。

本郷キャンパス

〒113-0033 東京都文京区本郷1-26-3
TEL:03-3811-1696 (代)

流山キャンパス

〒270-0161 千葉県流山市鰭ケ崎1660
TEL:04-7150-3001 (代)