ホーム
学部・大学院
グローバル・コミュニケーション学部
教育方針(ポリシー)

教育方針(ポリシー)

グローバル・コミュニケーション学部 教育方針(ポリシー)

アドミッション・ポリシー(入学者選抜方針)

東洋学園大学の求める学生像

東洋学園大学での教育活動を通じて自らの可能性を見出し、発揮し、自分をレベルアップしようとする意志や、未来に対する鋭い洞察力、豊かな想像力を基に、的確な意思決定能力を身につけ社会に貢献したいという意志を持ち、本学の専門分野への強い関心とその基礎となる学力を備えた学生を求めています。

グローバル・コミュニケーション学部のアドミッション・ポリシー

グローバル・コミュニケーション学部では、グローバル化する文化・社会の様々な事象を正確に理解し、自己の考えを的確に発信することができるコミュニケーション能力と、英語による情報や相手の意向などを理解し、自分の考えなどを表現することができるコミュニケーション能力を身に付けることを希望している人材を求めています。

カリキュラム・ポリシー(教育課程の編成方針)

東洋学園大学ではアドミッション・ポリシーに共感し、未来に対する鋭い洞察力、豊かな想像力を基に、的確な意思決定能力を身につけ社会に貢献したいという意志を持つ学生に対し、その思いの実現に向けて以下の方針で教育課程を編成します。基本教育科目及び専門教育科目の教育課程の編成において、3学部4学科のそれぞれの教育目標に向かって、順次的、体系的で整合性の取れた教育課程を編成しています。

(1) 教養教育の推進
(2) 英語教育の重視
(3) 少人数教育の実施
(4) 詳細な授業計画の作成
(5) セメスター制とキャップ制
(6) 厳格な成績評価
(7) 学部・学科の相互交流

基本教育科目では46単位以上、専門教育科目では78単位以上、合計124単位以上の単位修得が卒業要件となります。

ディプロマ・ポリシー (卒業認定・学位授与に関する方針)

東洋学園大学では3学部4学科が求める以下のような能力を身につけ、かつ所定の単位を修得した学生に卒業が認定されます。

グローバル・コミュニケーション学部は、様々な社会事象を正確に判断し、自己の考えを的確に発信することができるコミュニケーション能力と英語による情報や相手の意向などを理解し、自分の考えなどを表現することができるコミュニケーション能力を身に付けた人材を広く社会に輩出することにより、グローバル社会の発展と向上に貢献する人材の育成を目的とする。

(1) グローバル・コミュニケーション学科は、自国や諸外国の地域や文化、社会に関する知識の理解を深めるとともに、現代社会における重要な主題や現代社会が直面する諸課題に関する知識及び社会事情について総合的に理解することにより、実際に生起する社会事象を正確に判断し、自己の考えを的確に発信することができる現代教養人としてのコミュニケーション能力を有して、ビジネスや文化交流、社会活動、地域貢献などの幅広い分野で中核的な役割を担うことができる人材の養成を目指す。

(2) 英語コミュニケーション学科は、英語を通じて、言語や文化に対する理解を深め、積極的にコミュニケーションを図ろうとする態度の育成を図り、英語の情報や相手の意向などを理解し、自分の考えなどを表現するコミュニケーション能力を養うとともに、英語に関する専門的な知識の理解のもとに、英語教育に関する基礎理論や指導法について理解することにより、国際社会や英語教育活動に必要となるコミュニケーション能力を有して、国際関連産業や文化関連産業、教育関連産業などの幅広い分野で活躍することができる人材の養成を目指す。

本郷キャンパス

〒113-0033 東京都文京区本郷1-26-3
TEL:03-3811-1696 (代)

流山キャンパス

〒270-0161 千葉県流山市鰭ケ崎1660
TEL:04-7150-3001 (代)