ホーム
学部・大学院
グローバル・コミュニケーション学部
学部長挨拶

学部長挨拶

グローバル・コミュニケーション学部長  野林 健

グローバル・コミュニケーション学部は、国境を越え一体となって変化している「グローバル世界」で働くために必要な「コミュニケーション力」を身につけることを目的とします。そのための学びの3つの柱が「言語」「知識」「実践」です。

「言語」には、英語をはじめとする外国語、仕事で駆使する日本語、コンピュータの基本的な技能が含まれます。「言語」の十分な習得なしに、仕事上のコミュニケーションは成り立ちません。しかし、単に言葉を交換するだけでは、本当のコミュニケーションがとれているとは言えません。必要なのは、世界の社会と文化についての幅広い学びによって身につく「知識」です。「知識」に支えられて、「言語」を論理的に使い、語りに内容を込めることができます。そして、コミュニケーションのスキルは経験を積むことで自分のものとなります。それを可能にしてくれるのが「実践」です。都心キャンパスの利点を生かした、教室外でのフィールドワーク、地方に出かけて行われる体験型集中授業やゼミ活動、多彩な国際体験プログラムなどを通じて、グローバルな舞台で活躍するためのコミュニケーション力を身につけてもらいます。

グローバル・コミュニケーション学科では、英語はもちろん、中国語やスペイン語といった外国語の習得にも取り組んでもらいます。それとともに、グローバル世界の実情や課題について幅広く学びます。この学科では、教室の外に出て、学んだ知識を自分の目と耳で確かめ、出会った人々と実際にコミュニケーションをとる体験を重視しています。英語コミュニケーション学科では、グローバル世界の第一共通語としての英語について文化・社会的な面から学ぶとともに、仕事で英語を使いこなせるようになることを目指します。学科の必修科目として、2・3年次にクラス単位の「Progressive English」を週2回受講し、使える英語を身につけるためのトレーニングを繰り返します。

両学科ともコース制を採用していますが、コースの選択は3年次からなので、1・2年次にじっくりと自分の進路について考えることができます。そして、同一教員が3・4年次連続で担当するゼミで、具体的なテーマを選び、自ら問いを立て、ディスカッションやプレゼンテーションを通じて答えを探るという知的訓練を繰り返します。世界の文化や社会について学びたい皆さんはグローバル・コミュニケーション学科へ、英語の力をつけたい皆さんは英語コミュニケーション学科へいらしてください。きっかけを与えられればコツコツ努力できるあなた、われわれはあなたにそのきっかけを見つけてあげたいと願っています。グローバル・コミュニケーション学部には、そのための用意があります。

本郷キャンパス

〒113-0033 東京都文京区本郷1-26-3
TEL:03-3811-1696 (代)

流山キャンパス

〒270-0161 千葉県流山市鰭ケ崎1660
TEL:04-7150-3001 (代)