東洋学園大学

グローバル・コミュニケーション学部教員紹介

名前

山本 博子 専任講師Hiroko YAMAMOTO

経歴

お茶の水女子大学大学院 博士後期課程 人間文化研究科 国際日本学専攻 修了。東洋学園大学・千葉大学等の非常勤講師を経て現職。

専門分野

日本語学、日本語教育

学位

博士(人文科学)

近年の主な研究業績

区分書名/論文名単/共著発行年月発行所/発表誌等
著書ことばのスペクトル 越境共著2018年11月東洋学園大学ことばを考える会/鼎書房
 日本語形態の諸問題 鈴木泰教授東京大学退職記念論文集共著2010年3月ひつじ書房
口頭発表中古語におけるテハベリキ形そのアスペクト的意味と空間的意味について―単独発表2006年3月大東文化大学日本語文法研究会
 中古語におけるキ形とニキ形・テキ形の違い単独発表2000年6月大東文化大学日本語文法研究会
論文短作文教育の意義単著2019年2月東洋学園大学紀要第27号
 短期留学生を対象とした日本語の授業の現状と課題共著2017年3月千葉大学国際教育センター『国際教育』第10号
 大学生の日本語力についての一考察―英語力と日本語力の相関関係を測る予備調査より―単著2016年3月千葉大学国際教育センター 『国際教育』No.9
 平安時代における時間状況表現と過去を表す助動詞との関わり単著2012年3月千葉大学国際教育センター『国際教育』第5号
 中古語におけるハベリキ形とテハベリキ形単著2009年3月『日本語文法』9巻1号
 中古日本語におけるテハベリキ形単著2006年3月千葉敬愛短期大学『紀要』第28号
 中古日本語における複合形式についての学説史単著2005年3月千葉敬愛短期大学『紀要』第27号
 中古語におけるタリキ形の意味―キ形との比較を通して―単著2004年4月東京大学国語国文学会『国語と国文学』第81巻第4号
 中古語におけるキ形とタリキ形の違い単著2003年3月お茶の水女子大学大学院人間文化研究科『人間文化研究年報』第26号
 教員養成課程における説明力育成への実践的試み-「箱の中身当てゲーム」で説明のし方を考えさせる-共著2003年2月千葉敬愛短期大学『紀要』第25号
 中古語におけるキ形とニキ形・テキ形のアスペクト的意味の違い単著2002年3月お茶の水女子大学大学院人間文化研究科『人間文化研究年報』第25号
 中古語におけるキ形とニキ形・テキ形の違い単著2000年7月お茶の水女子大学国語国文学会『国文』第93号
 『山路の露』第一類本・第二類本 対校略本(稿)(三)共著1999年1月フェリス女学院大学『日文大学院 紀要』第6号
 『山路の露』第一類本・第二類本 対校略本(稿)(二)共著1998年9月フェリス女学院大学国文学会『玉藻』第34号
 『山路の露』第一類本・第二類本 対校略本(稿)(一)共著1996年11月フェリス女学院大学国文学会『玉藻』第32号

東洋学園大学トップページへ