相羽 美幸 准教授
人間科学部教員紹介

経歴

学習院大学文学部卒業。筑波大学大学院人間総合科学研究科修了。同大学医学医療系助教を経て現職。

専門分野

社会心理学、社会精神医学

学位

博士(心理学)

著書
  • 『対人関係を読み解く心理学 ―データ化が照らし出す社会現象―』(共著)/ 2019年2月 / サイエンス社
  • 『スタンダード社会心理学(ライブラリ スタンダード心理学)』(共著)/ 2012年12月 / サイエンス社
  • 『青年心理学(おうふう心理ライブラリー)』(共著)/ 2012年4月 / おうふう
  • 『対人関係と恋愛・友情の心理学(朝倉実践心理学講座)』(共著)/ 2010年10月 / 朝倉書店
論文
  • 『Post-flood social support network and morbidity in Jôsô City, Japan.』(共著)/ 2019年1月 / Psychiatry Research 第271巻
  • 『Correlating post-disaster support network density with reciprocal support relation satisfaction: An elderly cohort within one year of the 2011 Japan desasters.』(共著)/ 2018年10月 / Population Research and Policy Review 第37巻
  • 『デート暴力被害の進展段階 ―高校生、大学生、二〇代後半の未婚女性を対象とした調査から―』(単著)/ 2018年10月 / 青少年問題第672号(第65巻秋季号)
  • 『Changes in social capital and depressive states of middle-aged adults in Japan. (査読付き論文)』(共著)/ 2017年12月 / 「PloS one」 第12巻第12号 e0189112
  • 『What kinds of factors affect the academic outcomes of university students with mental disorders? A retrospective study based on medical records. (査読付き論文)』(共著)/ 2017年11月 / 「Asian journal of psychiatry」 第32巻 p.67-72
  • 『中高年者縦断調査を用いたソーシャル・キャピタル指標の作成と妥当性・信頼性の検討(査読付き論文)』(共著)/ 2017年7月 / 「日本公衆衛生雑誌」第64巻第7号 p.371-383
  • 『Standardization of Brief Inventory of Social Support Exchange Network(BISSEN) in Japan (査読付き論文)』(共著)/ 2017年7月 / 「Psychiatry Research」第253巻 p.364-372
  • 『Relation between social network and psychological distress among middle-aged adults in Japan:Evidence from a national longitudinal survey (査読付き論文)』(共著)/ 2016年12月 / Social Science&Medicine 第175巻
  • 『大学生の恋愛における問題状況の構造的枠組みの構築』(単著)/ 2016年3月 / 日本応用心理学会「応用心理学研究」
  • 『A comparative analysis of dementia inpatient characteristics: Results from a nationwide survey of different care facilities in Japan 』(共著)/ 2016年1月 / 日本老年精神医学会「Psychogeriatrics」第16号第1巻
  • 『精神疾患が大学生の学業転帰に与える影響―保健管理センター診療録を用いた後方視的研究―』(共著)/ 2015年12月 / 日本精神神経学会「精神神経学雑誌」第117号第12巻
  • 『新聞報道におけるいじめと自殺の関係―「大津いじめ自殺」事件記事の時系列内容分析』(共著)/ 2015年11月 / 医学書院「精神医学」第57号第11巻
  • 『How perceived social support relates to suicidal ideation: A Japanese social resident survey.』(共著)/ 2014年5月 / International Journal of Social Psychiatry, 60, 290-298
  • 『Network analysis for motives in suicide cases: A cross-sectional study.』(共著)/ 2014年4月 / Psychiatry and Clinical Neurosciences, 68, 299-307
  • 『簡易ソーシャル・サポート・ネットワーク尺度 (BISSEN) の開発』(共著)/ 2013年9月 / 精神医学, 55, 863-873
  • 『自殺念慮とソーシャル・サポートの互恵性―茨城県笠間市民を対象とした地域住民調査から―』(共著)/ 2013年3月 / 自殺予防と危機介入, 33, 17-26
  • 『男性用恋愛スキルトレーニングプログラム作成の試み』(共著)/ 2013年3月 / 筑波大学心理学研究, 45, 21-31
  • 『Factors influencing suicidal ideation among Japanese adults: From the national survey by the Cabinet Office.』(共著)/ 2011年8月 / Psychiatry and Clinical Neurosciences, 65, 468-475
  • 『大学生の恋愛における問題状況の特徴』(単著)/ 2011年6月 / 青年心理学研究, 23, 19-35
  • 『日本の雑誌・ホームページにおける恋愛スキルに関わる記述の内容分析』(単著)/ 2009年3月 / 読書科学, 52, 38-48
  • 『異性関係スキル研究の動向と問題』(共著)/ 2007年8月 / 筑波大学心理学研究, 34, 17-26