中村 哲之 准教授
人間科学部教員紹介

経歴

京都大学文学部卒業。同大学院博士後期課程修了。日本学術振興会特別研究員,千葉大学先進科学センター特任助教を経て現職。

専門分野

認知心理学(錯視・メタ認知)、実験心理学、動物心理学

学位

文学博士

著書
  • 『『ことばのスペクトル 越境』 “越境”心理學のすゝめ:動物心理学からみたヒトの心』(共著)/ 2018年11月 / 東洋学園大学ことばを考える会/鼎書房
  • 『実験心理学ハンドブック』(共著)/ 2018年6月 / 朝倉書店
  • 『Visual illusion in a comparative perspective』(共著)/ 2017年5月 / The Oxford Compendium of visual illusions. Oxford University Press
  • 『Comparative Visual Illusions:Evolutionary,cross-cultural,and developmental perspectives.』(共著)/ 2017年1月 / APA Handbook of Comparative Psychology.American Psychological Association発行
  • 『ことばのスペクトル「場」のコスモロジー』(共著)/ 2015年3月 / 東洋学園大学ことばを考える会 双文社出版
  • 『心の多様性 脳は世界をいかに捉えているか』(共著)/ 2014年6月 / 大学出版部協会
  • 『行動生物学辞典(項目執筆-錯視)』(共著)/ 2013年11月 / 東京化学同人発行
  • 『動物の錯視: トリの眼から考える認知の進化』(単著)/ 2013年3月 / 京都大学学術出版会 プリミエ・コレクション 38
  • 『Foundations of metacognition. (チャプター執筆-Are birds metacognitive?)』(共著)/ 2012年10月 / Oxford University Press発行, pp. 50-61.
  • 『How animals see the world: Behavior, biology, and evolution of vision. (チャプター執筆-Amodal completion and illusory perception in birds and primates.)』(共著)/ 2012年3月 / Oxford University Press発行, pp. 101-116.
論文
  • 『鳥類における感覚性強化の予備的検討』(単著)/ 2019年3月 / 東洋学園大学紀要第27号
  • 『高校生を対象とした大人数のアクティブ・ラーニング実践に関する教育心理学的研究』(単著)/ 2019年3月 / 東洋学園大学教職課程年報 第1号
  • 『社会的な交渉に対する先入観と体験後の満足度変化―認知心理学実験的要素を取り入れた授業実践―』(単著)/ 2018年2月 / 『東洋学園大学紀要』第26-2号
  • 『Do budgerigars(Melopsittacus undulatus) perceive the Delboeuf illusion? A preliminary study with a simultaneous discrimination task.』(共著)/ 2017年9月 / Psychologia
  • 『補助教材の大きさが学習者に与える影響―好み,動機づけ,認知の個人差に関する教育心理学的研究―』(単著)/ 2017年8月 / 『東洋学園大学紀要』第26-1号
  • 『ハトにおける運動情報処理の研究と展望』(単著)/ 2017年3月 / 東洋学園大学紀要第25号
  • 『“違う”視えから見える世界 ―比較錯視研究の意義―(Visual world revealed by “different” perception: The importance of comparative research on visual illusions)』(単著)/ 2016年10月 / 基礎心理学研究(The Japanese Journal of Psychonomic Science)(日本基礎心理学会発行)
  • 『動物におけるメタ認知研究』(単著)/ 2016年3月 / 『東洋学園大学紀要』第24号
  • 『動物の認知世界を探る研究法』(単著)/ 2015年3月 / 『東洋学園大学紀要』第23号
  • 『トリの視覚世界から見える、ヒトの視覚世界』(単著)/ 2014年9月 / 基礎心理学研究
  • 『A reversed Ebbinghaus - Titchener illusion in bantams (Gallus gallus domesticus).』(共著)/ 2014年2月 / American Psychological Association 発行, Journal of Comparative Psychology誌, 17巻, pp. 471-481.
  • 『Discrimination of coherent and incoherent motion by pigeons: An investigation using a same-different motion discrimination task.』(共著)/ 2013年2月 / Elsevier発行, Behavioural Processes誌, 93巻, pp. 116-124.
  • 『Bantams (Gallus gallus domesticus) also perceive a reversed Zollner illusion.』(共著)/ 2013年1月 / Springer 発行, Animal Cognition誌, 16巻, pp. 109-115.
  • 『Do bantams (Gallus gallus domesticus) amodally complete? An analysis of line length classification performance.』(共著)/ 2011年11月 / American Psychological Association 発行, Journal of Comparative Psychology誌, 125巻, pp. 411-419.
  • 『Pigeons perceive a reversed Zollner illusion.』(共著)/ 2011年2月 / Elsevier発行, Cognition誌, 119巻, pp. 137-141.
  • 『Do birds (pigeons and bantams) know how confident they are of their perceptual decisions?』(共著)/ 2011年1月 / Springer 発行, Animal Cognition誌, 14巻, pp. 83-93.
  • 『Do bantams (Gallus gallus domesticus) experience amodal completion? An analysis of visual search performance.』(共著)/ 2010年8月 / American Psychological Association 発行, Journal of Comparative Psychology誌, 124巻, pp. 331-335
  • 『Further analysis of perception of the standard Muller-Lyer figures in pigeons (Columba livia) and humans (Homo sapiens): Effects of length of brackets.』(共著)/ 2009年8月 / American Psychological Association 発行, Journal of Comparative Psychology誌, 123巻, pp. 287-294.
  • 『Further analysis of perception of reversed Muller-Lyer figures for pigeons (Columba livia).』(共著)/ 2009年2月 / Ammons Scientific LTD. 発行, Perceptual and Motor Skills誌, 108巻, pp. 239-250
  • 『Pigeons perceive the Ebbinghaus-Titchener circles as an assimilation illusion.』(共著)/ 2008年8月 / American Psychological Association 発行, Journal of Experimental Psychology: Animal Behavior Processes誌, 34巻, pp. 375-387
  • 『領域間共通モデルの意義についての考察』(単著)/ 2008年6月 / 日本動物心理学会 発行,動物心理学研究, 58巻, pp. 91-92
  • 『Perception of the standard and the reversed Muller-Lyer figures in pigeons (Columba livia) and humans (Homo sapiens)』(共著)/ 2006年8月 / American Psychological Association 発行, Journal of Comparative Psychology誌, 120巻, pp. 252-261.