教職課程

英語教育のプロフェッショナルを目指す。

教職課程[中学・高等学校教諭一種(英語)]

中学校・高等学校の英語教諭

子どもにとって教師はどのような存在か、社会にとって教育の持つ役割とは何か…。自分の経験や海外の教育事情など、様々な視点から「教師」や「教育」について考えます。また、高い英語力に加えて生徒の自発的な学習を促すために必要な学習理論や教授法や指導法を学び、生徒が主役となって深く学んでいくような授業づくりができるよう模擬授業と振り返りで練習を重ねます。

中学校・高等学校の英語教諭になる。

児童英語教育課程

児童英語教師

2020年の東京オリンピックに向け、小学校3年生から外国語活動がスタートするなど、子どもの英語教育は今後社会的意義が高まっていく分野といえます。

保育園や小学校での実習

保育園や小学校で実際に児童英語の授業を行います。子ども向け教材の作り方、ゲームや歌を通じて英語に親しむレッスンの方法、グローバル教育の手法など、学んだ内容を現場で実践しながら身につけることができます。