重要なお知らせ

新型コロナウイルス感染症に関する入構禁止の取り扱いについて

重要なお知らせ

2020.10.06

2020 年10 月6 日

新型コロナウイルス感染症に関する入構禁止の取り扱いについて

東洋学園大学

下表の要件に該当する場合、次のことに留意して下さい。

①速やかに大学の保健室まで報告して下さい。
〔東洋学園大学学生支援センター保健室〕
電話:03-3811-1594(月~金9:00~17:00 ※土日祝除く)
メール:hoken-announce@tyg.jp

②下表の入構禁止の要件に該当する場合、学校保健安全法第19 条に基づく「出席停止」の措置として扱うものとし、入構禁止となります。欠席した授業は、出席扱い(公欠)とします。

[教務課への手続きを要します。]

③入構禁止の期間中、対面授業に出席することはできませんが、無症状等で体調に問題がない場合は、オンライン授業(課題学習等を含む)を受講することができるものとします。

入構禁止の要件 ①入構禁止の開始日 ②入構禁止の解除等
1 学生本人が新型コロナウイルスに感染(陽性)したと診断された場合
① 感染(陽性)が判明した日から入構禁止とします。
*速やかに保健室まで連絡を入れてください。
② 入構禁止の解除等
医師が登校を許可した日(医師記載の感染症治癒証明書を提出して下さい。)
*登校日前に予め保健室に連絡をお願いします。
2 学生本人が濃厚接触者と特定された場合
① 保健所等から濃厚接触者と特定された日から入構禁止とします。
*速やかに保健室まで連絡を入れてください。
② 入構禁止の解除等
保健所等から待機を指定された日の翌日
*登校日前に予め保健室に連絡をお願いします。
3 同居している方などが濃厚接触者と特定された場合
① 同居している方などが保健所等から濃厚接触者と特定された日から入構禁止とします。
*速やかに保健室まで連絡を入れてください。
② 入構禁止の解除等
同居している方などがPCR 検査で陰性(陽性となった場合は、上記2 の入構禁止要件に該当する可能性があります。)、且つ濃厚接触者と特定されてから14 日経過しており、学生本人に発熱や咳等の症状がない場合。
*登校日前に予め保健室に連絡をお願いします。
4 学生本人に軽度の発熱等の風邪症状がある場合

*発熱、咳、のどの痛み、鼻水、鼻づまり、頭痛、だるさ、息苦しさ、嗅覚・味覚異常、下痢、おう吐など
① 微熱等の発症日から入構禁止とします。
*保健室まで連絡を入れてください。
② 入構禁止の解除等
症状の軽快後、解熱剤等を使用せず、3 日以上経過している場合。
*登校日前に予め保健室に連絡をお願いします。
5 学生本人に以下のような症状がある場合。
・息苦しさ(呼吸困難)、強いだるさ(倦怠感)、高熱等の強い症状のいずれかがある場合。
重症化しやすい方(既往症のある方)で発熱や咳などの比較的軽い風邪の症状がある場合。
・上記以外で発熱や咳など比較的軽い風邪症状が4日以上続く場合
① 具体的症状の発症日から入構禁止とします。
※該当者は医療関係機関(帰国者・接触者相談センターや保健所、病院等)に連絡をして指示を受けて下さい。
*速やかに保健室まで連絡を入れてください。
② 入構禁止の解除等
医師が登校を許可した日(PCR 検査で陽性となった場合は、別途、保健所等の指示に従うとともに、医師記載の感染症治癒証明書を提出して下さい。)
*登校日前に予め保健室に連絡をお願いします。
6 学生本人が海外から帰国・入国した場合
① 帰国・入国した日から入構禁止とします。
*PCR 検査の結果に関わらず、速やかに保健室まで連絡を入れてください。
② 入構禁止の解除等
帰国・入国した翌日から起算して14 日を経過した場合。
*登校日前に予め保健室に連絡をお願いします。

※上記以外にも、登校予定日の3 日前から体調不良の症状がみられる方についても入構禁止となります。その際は保健室まで連絡を入れてください。

※この通知は9 月21 日時点の措置であり、今後状況に応じて変更する場合があります。