重要なお知らせ

入構制限に伴う学生納付金の考え方と教育の質保証について

重要なお知らせ

2020.05.05

2020年5月5日

入構制限に伴う学生納付金の考え方と教育の質保証について

学生及び保護者の皆様

東洋学園大学

 本学は4/8(水)の新型コロナウイルス感染症拡大に伴う政府の緊急事態宣言、続く4/11(土)に東京都による大学に対する休業要請(1,000㎡超の施設の使用停止及び催物の停止要請)を受け、感染症拡大防止の為、校舎への入構を制限するなど、学生の皆さんの安全に最大限配慮したうえ、5/1(金)からオンラインによる授業を開始いたしました。残念ながら感染が収束には至らず、5/4(火)に緊急事態宣言の継続が発表となり、大学施設の更なる休業を余儀なくされる事態となっております。
 このような状況で新学期を迎えることは、本学教職員一同にとりましても想定を遙かに上回る事態であり、学生の皆様にとりましても大きな不安を抱えてのスタートとなったことから、その戸惑いは想像するに余りあり、大変、残念な思いであったと思います。

(入構制限に伴う学生納付金の考え方)
 大学が入構制限を決定してから、4月分の授業料は支払う必要があるのか、あるいは、施設を利用できないので、その分減額はしてもらえないのか、というお問い合わせを何件かいただいております。
 授業料を含む学生納付金は、基本的に、授業料、施設設備費などで構成されています。「授業料」については、オンライン授業や対面授業などの一授業科目の履修を単位として積み上げているものではなく、学位授与を見据え、その準備を含めた総合的な教育プログラムを提供するための経費であります。「施設設備費」等は、単なる利用料としての経費でなく私立大学の教育研究環境の充実に向けて、キャンパスや設備の維持、管理等に当てられております。したがって、入構禁止により学内施設を利用できないことをもって、月割で施設設備費等の減額を行うという考え方はございません。我々としても、一日も早く新型コロナウイルス感染症拡大が収束し、本学に対する東京都の休業要請が解除され、学生の皆様が施設をご利用いただける日がくることを心から願っております。今は学生の皆様の感染予防、健康・安全を最優先として、このような苦渋の決断をしておりますことをご理解いただければ幸いです。

(経済的支援の取り組み)
 今後、新型コロナウイルス感染症拡大に伴い、家計の急変や学生自身のアルバイトの減少等によって、多くの学生が学費や生活費の支弁に重大な支障をきたす恐れがあるといわれています。給付型・貸与型の奨学金について、本学の制度のみならず、国の制度、他団体の制度がございますので、学生支援課で迅速に紹介してまいります。
https://www.tyg.jp/campuslife/jasso_orientation.html

また奨学金の他に、本学独自の制度として、無利息の学費の月払い制度を導入しています。この制度は通常年2回(春学期・秋学期)で納入する学納金を、月々分割にて納入する制度です。本制度を利用することで一括納入時に掛かる負担を大幅に軽減することができます。
月払スケジュールなど、詳細については下記ホームページでご確認下さい。
https://www.tyg.jp/campuslife/expense.html

また、新型コロナウイルス感染症拡大に伴う家計の急変があった場合については、最大、学期末までの延納が可能です(春学期は8月末、秋学期は3月末まで)。個別のご相談を承りますので、財務部(03-3811-1765)までお問い合わせ下さい。

(教育の質保証について)
 本学は、高等教育機関として、学生の皆様に対する教育の質保証をしっかりと行うことが大切な責務であると思っております。
 先にお伝えしましたとおり、このたびの春学期は5/1(金)よりオンライン授業が開始されております。本学におけるオンライン授業は、あくまで臨時対応と位置づけ、東京都の施設の使用に関する制限が解除された後に、対面による授業の復活を目指すべく準備をしております。
 今般のオンライン授業の実施に向けて、本学教員はシラバスを見直しながら、学生の通信環境のサポートや教育教材を準備し、教育の質向上のため、通常時よりもなお一層の労力を求められている状況にあります。
 オンライン授業実施にあたって、今後の通信環境に不安・不備のある学生の皆様に対しては、文科省が進める予定のPC機器貸出支援策への申請やメディアセンター等の限定的な施設開放も含めた検討を進めてまいります。また、学生が所持する通信環境により、Wi―Fi(ワイファイ、無線LAN)などの環境がない学生が、料金プランによる通信容量制限等で「ギガ(データ通信量)不足」に陥り、学習を行うことが困難となってしまう場合があると指摘されています。現在、総務省からの要請により大手電気通信事業者において特別な措置(50ギガバイトを上限に追加料金無料)が講じられていますが、学生の通信環境のより安定的な確保のために、利用料並びに利用期間について継続的な特例措置が講じられるよう、本学としても、日本私立大学連盟を通じ、関係機関への働きかけを強く行ってまいります。

教職員一同、学生の皆様と真摯に向き合い、力を合わせ、この春学期を推し進めてまいります。引き続きご理解いただきますとともにご協力を賜りますようお願いいたします。